書名、著者名、出版社名などで、当店の取扱書籍と買取実績を検索します 
明治時代の壬生藩主たちが蘭学を取り入れたことで栃木県の医学・医療の礎が構築され、下都賀郡壬生町が“医療の街”として繁栄しました。栃木県の医学史を振返りつつ、医学書の当店での買取価格をご紹介させて頂きます。
目次
Ⅰ・「栃木県の医療文化史」
①・【天然痘撲滅に熱意を捧げた男?!】
(1)初めての人体解剖で開眼?!西洋医学への熱き情熱
(2)金次郎からの信頼もバツグン!種痘に賭けた信念
(3)予防接種に関する書籍の買取価格一覧
②・【ありがとう!胃薬です…】
(1)出版業から胃薬創者へ?!-太田胃酸誕生秘話-
(2)薬学系書籍の買取価格一覧
③・【日本初の女性看護人は栃木発?!】
(1)激しい戦火より初登板!九人の女看護人
(2)看護学に関する書籍の買取価格一覧
Ⅱ・「栃木県の医歯薬系大学」
①・看護学、その他の医療系学部も充実?!
(1)栃木県内の医歯薬系、看護学、医療系の大学
(2)受験用参考書や問題集の買取について

Ⅰ・「栃木県の医療文化史」
①・【天然痘撲滅に熱意を捧げた男?!】
(1)初めての人体解剖で開眼?!西洋医学への熱き情熱
1809年、壬生範医だった玄正を父に梁田郡羽苅村(現在の足利市)にて生を受けた齊藤玄昌。江戸にて医学を学んだ玄昌は1834年に壬生範医となり、藩主の鳥居忠挙に仕えました。1840年、壬生上河岸の刑場にて同じく壬生範医の石崎正達とともに人身解剖を行いました。ちなみに、玄昌にとってはこれが初めての解剖だったのです。玄昌は、人体解剖を行ったことで「今まで日本に伝えられてきた人体の仕組みがかなり間違っていたこと」、「西洋の医学が正確で大変進歩していること」を改めて実感させられたのです。これを機に、玄昌らは西洋医学の学習と研究を熱心に取り組みました。
(2)金次郎からの信頼もバツグン!種痘に賭けた信念
玄昌が西洋医学に取り組んでいる頃、壬生では天然痘が猛威を振るいました。残念ながら玄昌の6人の息子たちも天然痘によって命を失いました。医師であるにも関わらず、息子たちの命を救えなかった玄昌は怒りと悔しさを胸に天然痘の撲滅を決意したのです。1849年、長崎ではオランダ商館医より取り寄せた痘苗(天然痘のワクチン)を使った日本初の種痘が成功しました。これを知った玄昌は痘苗を入手するべく弟子を長崎へ送り込んだのです。種痘を施すと二度と天然痘を患わないことを理解した玄昌は、翌年に
藩主の鳥居忠挙に牛痘種痘を行いました。玄昌の熱き行動は町へ広がり、天然痘をこれ以上増やさまいと町の人々に強制的に種痘を行いました。それから間もなく、巡回種痘も開始されたことから、町のすみずみに種痘の重要性が認知されました。その後も天然痘は流行しましたが、種痘を受けた者は誰一人と天然痘を患いませんでした。
1853年、かの“二宮金次郎”としても知られる二宮尊徳より「医道巧者」として信頼を寄せられた玄昌は、彼の主治医として来診、投薬を施していました。
晩年は、人材育成のために私立学校の創立を企画するも、その夢を果たせずに1872年に亡くなりました。
(3)予防接種に関する書籍の買取価格一覧
予防接種にまつわる書籍も販売されているため、当店でも買取を受付しております。
当店がピックアップしました予防接種の関連書籍は、下記の通りです。
・『わかりやすい予防接種』:500円
・『海外渡航者のための予防接種と感染症の知識 改訂新版』:300円
・『ワクチンで困るケースをみんなで話してみました ケースで学ぶ予防接種の実際』:1000円
・『予防接種マネジメント』:200円
・『ビジュアル予防接種マニュアル』:500円
また、現在の予防接種の原点である種痘に関する書籍もございますので、下記にてまとめてみました。
・『種痘伝来――日本の〈開国〉と知の国際ネットワーク』:1000円
・『天然痘予防に挑んだ秋月藩医 緒方春朔』:200円
・『病いの克服―日本痘瘡史』:500円
・『天然痘に立ち向かった人類の闘い―江戸における伊東玄朴の功績』:200円
・『天然痘に挑む―種痘医 北城諒斎 (種痘医北城諒斎)』:500円
栃木県にお住いで医学書の買取をお考えのお客様は、あさゆう堂にお任せください。

②・【ありがとう!胃薬を…】
(1)出版業から胃薬創者へ?!-太田胃酸誕生秘話-
壬生藩士だった太田信義は、東京は日本橋呉服町にて出版業を始め、「日本外史」や「日本政記」などを出版していました。が、事業不振によってストレスを抱えた挙句に胃病を患いました。大阪へ出張した際、かの有名な緒方洪庵の娘婿にあたる出斎に診察してもらい、処方された薬品を服用するや胃病は完全に治癒されたのです。ちなみに、この薬品はオランダ人医師ボードウィンの英国処方を譲渡されたもので、原料のほとんどは英国本土や英国植民地より取り寄せたものでした。これに興味を抱いた信義は、出斎を通じてボードウィンを紹介してもらったのです。
1879年、信義は出版業と並行して雪湖堂を創業し、胃散元祖太田製の官許を得て胃腸薬の製造を開始しました。これが、現在の「太田胃酸」のルーツなのです。
(2)薬学系書籍の買取価格一覧
当店では、薬学に関する専門書の買取に力を入れております。下記にて薬学関連書籍と買取価格をまとめてみました。
・『薬学生・薬剤師レジデントのための 感染症学・抗菌薬治療テキスト』:1500円
・『薬がみえるvol.1』:1200円
・『薬学生・薬剤師のための処方解析トレーニング帳』:1000円
・『緩和医療薬学問題集』:700円
・『症例で身につける 臨床薬学ハンドブック 改訂第2版』:1200円
栃木県にお住いの方で「医学書を買取って欲しいけど、冊数が多いし持ち運びも大変…」だとお困りのお客様は、あさゆう堂の宅配買取サービスをご利用ください。皆様からのご連絡、お待ちしております。

③・【日本初の女性看護人は栃木発?!】
(1)激しい戦火より初登板!九人の女看護人
壬生は、日本で初の女性の看護人が活躍した町でもあります。そのはじまりは、戊辰戦争の真っただ中のときでした。それが、宇都宮城にて幕府と土佐藩の“官軍”が激しい攻防を繰り広げた「安塚の戦い」です。両軍合わせて90名近い死者が出るほどの県内史上最大の銃撃戦でした。土佐藩の従軍医だった弘田親厚は城内の“二の丸内”に野戦病院を設置し治療に当たりましたが、負傷者が続出するばかりだったために9名の女性を看護人として採用したのです。日本で初めて女性看護人の活躍に関しましては、横浜軍陣病院が先だとされていましたが、安塚の戦い時の壬生がひと月も先だったのです!
(2)看護学に関する書籍の買取価格一覧
当店では、看護学に関する書籍も買取致します。現役の看護師や看護学生に親しまれている書籍と買取価格は、下記のとおりです。
・『看護師・看護学生のためのレビューブック 2015』:1500円
・『公衆衛生看護学概論 第4版』:700円
・『看護学生のための臨地実習ナビ』:500円
・『家族看護学―理論と実践』:700円
・『看護学生のための疾患別看護過程 vol.1』:800円
栃木県にお住まいでお引越しなどの際にご不用になった医学書を処分してほしいとお考えのお客様は、あさゆう堂までお問い合わせください!
Ⅱ・「栃木県の医歯薬系大学」
①・看護学、その他の医療系学部も充実?!
(1)栃木県内の医歯薬系、看護学、医療系の大学
栃木県内にて医歯薬系の学部を設置している大学は、自治医科大学、獨協医科大学、国際医療福祉大学です。その内訳を下記にてまとめてみました。
【医学部】自治医科大学、獨協医科大学
【薬学部】国際医療福祉大学
現在、歯学部を設置している大学はございませんが、看護学や保健医療学部を有する大学は3校です。
【看護学部】自治医科大学、獨協医科大学、足利工業大学
【保健医療学部】【医療福祉学部】国際医療福祉大学
また、看護師養成などを目的とする医療系専門学校は県内に26校もあります。
(2)受験用参考書や問題集の買取について
当店では、自治医科大学や獨協医科大学などの赤本をはじめ、医師国家試験や看護師資格などのテキストや問題集、参考書などあらゆる受験用参考書や問題集も買取らせて頂きます。もちろん、中学・高校・大学受験の参考書や問題集も大丈夫です。また、栃木県内でも宇都宮市にて開校されているLECをはじめ、医学部編入や医師国家試験など医療系資格の予備校テキストや問題集、医学部学士編入対策河合塾KALSなどのテキストや問題集も買取可能です。医学部をご卒業予定の学生様、他の道に進まれたために医学書や参考書、テキスト類がご不用になりましたお客様は、あさゆう堂をご利用ください。栃木県での医学書及び医療関連書の買取につきましては、ぜひ一度お問い合わせください。

 

当店では和洋問わず様々な医学書をはじめ、学術的で難解な医療書籍、医療資格系の参考書や過去問題集を買取致します。これらの書籍がご不用になりましたら、ぜひ当店をご利用ください。
宇都宮市、足利市、栃木市、小山市、日光市からの医学書買取は、あさゆう堂をご利用ください。
栃木県での医学書買取は、あさゆう堂にお任せください!
みなさまからのご連絡、心からお待ちしております。
医学書専門書店 あさゆう堂
医学書買取ひとすじのあさゆう堂です。医療系のDSソフトやマッサージDVD、医学電子辞書の買取も行っています。和洋問わずどんな専門性の高い医学書でもお任せください!!
栃木県からの買取事例

薬学テキストなど12点買取【栃木県宇都宮市】

買取金額:
¥21,500

薬学テキスト1

栃木県宇都宮市の方から薬学に関するテキストなど12点を買取させて頂きました。 買取させて頂いたものには、『第十六改正日本薬局方解説書』、『薬物治療学改訂2版』、『薬科微生物学』、『...
栃木県からのお申し込みお待ちしております
お申し込み
買取方法
宅配買取
買取内容を当店にご連絡ください。折り返し【無料宅配キット】をお送りさせていただき、宅配にて買取させていただきます。※当店へ医学書をお送りいただく際も、配送料は無料です。
出張買取
申し訳ございませんが、栃木県では出張買取を承っておりません。宅配買取をご利用ください。
買取の流れ
0120-711-723 にお電話ください
携帯電話、PHSからも無料です。営業時間は8:30~22:00(年中無休)です。
メールでも受け付けております。お問い合わせフォームからお知らせください。営業時間外はこちらをご利用ください。
ご依頼内容をお知らせください
ご希望の買取方法(出張買取、宅配買取)と、お客様のご氏名・ご住所・ご連絡先・買取内容・買取点数(おおよそ)をお知らせください。
出張買取の場合は、出張場所をお知らせください。出張時に即時査定、買取いたします。
メールの場合は上記内容を、お問い合わせフォームからお知らせください。
宅配買取の場合のつづき
【無料宅配キット】をお送りします
【無料宅配キット】とは、みかん箱より少し大きいサイズのダンボール・ガムテープ・着払伝票・買取申込書が一式セットになったものを無料でお客様へお送りいたします。
120サイズのダンボールでA4サイズのテキストが平積みで2列、高さが約30センチです。
ダンボールがおいくつ必要であるかを事前にお聞きし、着払い伝票も箱数分をご用意いたします。
買取商品を梱包ください
【無料宅配キット】が届きましたら、お売りになりたい医学書を梱包ください。
その際、必要事項をご記入いただいた買取申込書と、身分証明書のコピーを同封ください。
無料集荷のご連絡をお願いします
梱包が終わりましたら、下記の日本郵便の無料集荷へご連絡ください。お客様のご都合のいい日時に合わせて集荷員が無料集荷に伺います。
日本郵便の無料集荷電話番号:0800-0800-111
査定結果のご連絡・代金のお振込み
商品が当社に届きましたら、即、査定にとりかかり、お客様のご都合のいい時間帯に、査定結果のご連絡をさせていただきます。ご了承頂きましたら、当日もしくは翌日に振り込みをさせていただきます。